愛山駅、中愛別駅(愛別町)

石北本線の旭川~上川間にある愛山駅を訪ねてみました。


生野駅とほぼ同じ造りの、つまりは北海道の過疎地に点在するプロトタイプのような無人駅。


駅裏の駐輪場。冬の間は利用客はありません。と言って、夏も同じようなものではあるのでしょう…キタキツネの足跡だけが、生命の兆候を感じさせてくれます。

旭川方面に一つ隣、中愛別駅まで移動してみました。

この自転車、日常的に使用されているのかな?

ちょうど列車がやってきました。旭川で用事もあることだし、乗ってみることにしました。

汽車内はまさに、「ザ・ローカル線」という感じです。たまには鉄道での移動も良いものです。

伊香牛駅はオサレなログハウス。でも、数少ない列車到着時刻ですら、煙突から煙は出ていません。それがこの駅の利用状況を如実に物語っています。

当麻駅の雪除け屋根。なかなかの風情です。

そして一時間後、旭川駅に到着。短時間で世界が一変する、という感じです。

旭川で用事を済ませ、中愛別まで戻ります。

汽車が行った後には、駅舎の灯りだけが残っていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA