平成から令和へ

令和

1989年(昭和64年)1月7日、昭和から平成へと変わりました。
当時私は小学3年生くらいで、特に何とも思いませんでしたが、さすがに平成の30年間が終わってしまうとなると、いろいろと思うところがあります。

おそらく書類や何かに日付を記入する時は大体「平成 年 月 日」となっているので、書きながら「ああ、もう平成も30年経ったのか」なんて思わないですよね?

「いつもの書く作業」ですから。

しかし、それが「令和1年5月◯日」となると、やはり意識してしまいます。

お っ さ ん に な っ た と い う こ と を

これから先、若い人に向かって「平成の時代はなぁ・・・」と遠い目をしながら語るのでしょう、きっと。
まぁ、それも良いかもしれませんね。

テレビでは「平成の大晦日」なんて特番が放送されていたようですが、4月30日と5月1日はゴールデンウィークのど真ん中。

私はどこにいたのかと言うと・・・ここです。↓

標津町から斜里町へと続く国道244号線の途中で眠気に勝てず、根北峠の駐車スペースで仮眠を取るつもりがガッツリ寝てしまい、起きたのが夜中の2時前。

もう平成から令和へと切り替わった後で、「ショック!」と言うよりはもう寒くて寒くて(当たり前だ)、見事に風邪をひき、3日間を棒に振りました。

ありがとう、ツ◯ハドラッグ。

さようなら平成。

富樫




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA