サロマ湖とアザラシ

アザラシ

サロマ湖の氷を割るための船に乗船させてもらいました。
まだまだサロマ湖は大半が凍っているため、船で氷を割って解けるの早めるために行います。
サロマ湖

以前、ホタテ漁に同行した時は酔ってオホーツク海に向かって盛大に吐くと言う苦い記憶があったので、

「いや、私は岸からドローン飛ばしますんで」
「いやいや、せっかくですから富樫さんも乗りましょうよ!」
「いやいやいや、今度はサロマ湖に向かって吐くとか、ネタになっちゃいますから」
「いやいやいやいや、だから乗るんじゃないですか!!」

と言うやり取りがありましたが、やはり貴重な経験なので載せて頂く事に。
しかし、予想に反して船はほとんど揺れませんでした。
サロマ湖
サロマ湖

紋別の砕氷船ガリンコ号と網走の砕氷船おーろら号とは違い、あくまでも普通の船がその重さで「乗って」氷を割って進むので、前進と後退を繰り返しながら少しずつ割って進んで行きます。
氷は厚いところで40cm以上もあり、氷に乗り上げる衝撃はかなりのもの。
サロマ湖

うーん、タイタニック号が沈んだ理由が分かる気がします。
あくまでも「気がする」ってだけね。

そして、「あの黒い点々、全部とっかり(アザラシ)だよ」と言われて遠くを見ると・・・何やら黒い群れが。
アザラシ

鳥じゃないの??と思っていると・・・・
アザラシ

野生のアザラシです!アザラシなんて紋別の「オホーツクとっかりセンター 」でしか見た事がないので、とにかく感動!!
アザラシ
アザラシ

正直なところ、「お金取って観光に生かせないの?」と思いましたが、氷割りの時期がハッキリしない上に、あまりに大勢の人が乗って船が重くなってしまうのは良くないんだそうです。

それに、漁業に携わる人にとってはこれも重要な「仕事」ですからね。

とても貴重な体験でした。

富樫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA