【春】能取岬と能取湖(網走市)

網走市

3月中旬の能取岬。流氷の姿はなくなり、静かなオホーツク海が広がっていました。
網走市
網走市

雪もかなり解けて、いよいよオホーツクが、そして北海道が長い冬の眠りから覚めようとしているようです。
網走市
網走市

気温はマイナス1℃ですが、風がないので暖かく感じます。久々に穏やかな能取岬を堪能しました。
網走市
網走市
網走市

井上さんがコラム「春の気配」で書いていますが、紋別も網走も斜里も今シーズンの流氷観光はかなり苦戦したらしく、やはり年々流氷の迫力が落ちているみたいです。
ただ、昨シーズンは「近年まれに見る見事な流氷」だったようなので、余計に残念ですね。
【冬】能取岬と能取岬灯台はこちら

日本ではオホーツク地域だけ、そして限られた期間だけ見られる自然現象であり、冬の使者である流氷。
もしかしたら見られなくなる日が来るのかもしれません。

(1)能取湖畔より

湖面があまり波立たないので、広範囲に渡って氷結しています。
網走市
網走市
網走市

(2)能取駐車場より

雪に埋もれてしまって確認できませんが、湖畔沿いには湧網線の廃線跡を利用したサイクリングロードがあります。
もし湧網線が現役だったなら、ここからの車窓はとても素晴らしかった事でしょう。
網走市
網走市
網走市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA