スキーシーズンの幕開け

雪不足の今シーズン、オホーツク地域のスキー場は軒並み史上最遅のオープンを余儀なくされております。
ガ・コッパーさんのご主人が管理者として活躍中の西興部村、宮の森スキー場も、2019年1月9日、例年より10日以上遅れてのコース開きとなりました。

日祝は朝10時、平日は13時半オープン、火曜休みです。入場料は無料!レンタルや食堂はありませんが、休憩室は暖房完備、トイレも清潔で、地元の方々が大切に維持されているのがよく分かります。
コースは一本のみ、椅子に座るリフトではなく、ロープトウで上ります。これが慣れないうちはなかなか大変で、僕はなんども運行を止めてしまいました。ごめんなさい…
北向き斜面で雪質も良好。こういう小さなスキー場もいいものですね。時間帯によっては貸切状態での利用も可能ですよ!

晴れた日は帰りの風景もなかなかのものです。

井上




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA