札沼線の秘境駅②(樺戸郡新十津川町)

札沼線の秘境駅の続き情報、今回は新十津川町編です。つい先日、新十津川町は同じ苗字を持つ警部が大活躍するトラベルミステリーで有名なあの大センセイを町の応援大使に任命しました。大センセイは札沼線を舞台とした推理小説もお書きになっているそうですが…
ともあれ、ここでは二つの駅を紹介します。

(1)南下徳富駅

「みなみしもとっぷ」と読みます。難読駅番付前頭7枚目ぐらいには入りそうな駅名です。
新十津川町

駅舎すらない、すがすがしいほどの割り切りぶりです。
新十津川町
新十津川町

それでもちゃんと「旅のノート」が完備されております。防水も完璧…?
新十津川町

(2)下徳富駅

新十津川町
新十津川町
新十津川町
新十津川町

札沼線各駅の蔵書シリーズが楽しみでしたが、下徳富駅は2018年10月時点で蔵書なしでした。
新十津川町

駅前は農協の倉庫が広がるのみ。古い石造りの倉庫には長年の文字通り風雪に耐え抜いてきた重みが感じられます。
新十津川町
新十津川町
新十津川町

For English.
↓↓↓

Tiny Stations of Sassho Line② (Shin-Totsugawa Town, Kabato County)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA