サンル大橋とサンルダム(下川町)

下川町

サンル(珊瑠)大橋とサンルダム

天塩川支流の名寄川水系に属するサンル川に、現在ダム建設が進行中です。
サンル大橋は、この建設工事に伴う付替道路(各種公共工事に際して発生する水没道路に対して、公共補償の一環で代替されるもの)として、2012年夏に開通しました。
下川町

サンル大橋から望む「しもかわ珊瑠湖」とサンル町営牧場
下川町

北海道では石狩川に次いで、そして日本国内全体でも4番目の長さを誇る天塩川は、「ダムのない川」としては日本最長のものでしたが、このサンルダムが完成すれば、もうその謳い文句は通用しなくなるかもしれません。天然の川である天塩川は蛇行部分が多く、また山あいを流れていることで、過去に人命を奪う氾濫を何度も繰り返し、その治水は地域の悲願でもありましたが、その一方でダム建設が周囲の自然環境に与える悪影響への懸念も指摘されてきました。
下川町
下川町
下川町

1993年に開始されたこの公共事業に関しては、下川町に移住した人気漫画家が、全国的な雑誌への連載の中でダム建設反対の旗幟を鮮明にしたり、「八ッ場ダム建設中止」をマニフェストに掲げた民主党が政権を握った2009年には計画が凍結されるなど、様々な紆余曲折がありました。
その評価は後世に委ねられることになりますが、「しもかわ珊瑠湖」と命名される運びとなったダム湖が、自然と人間の豊かな共生を象徴する観光施設として町の発展に寄与していくのか、負の遺産として語り継がれていくのか、今は何とも言えません。
サンルダムは2019年度に完成の予定です。
下川町
下川町

For English.
↓↓↓

Sanru Dam and Bridge (Shimokawa Town)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA