三室番屋(紋別市)

三室番屋

三室番屋(コムケ国際キャンプ場)

2018年6月に開始したNTFTのホームページ。2番目に紹介したのが、ここ三室番屋。
今回、写真や記事を追加、また残念ながら削除しなければならない記事も発生したため、1年4ヶ月ぶりに大幅更新致します。
ここの番屋では驚くほど安価で宿泊体験が可能です。
(問合せは紋別観光振興公社;0158-24-3900)

電源も使えますし、一通りの物は揃っているので、特に不便は感じません。
三室番屋



すぐ横の倉庫には、浜に流れ着いたくじらの骨が無造作に置かれています。
三室番屋
三室番屋
コムケ湖とオホーツク海に挟まれています。
三室番屋
三室番屋
三室番屋

玄関を入ると、まるでタイムスリップしたかのよう。
三室番屋
三室番屋

熊の毛皮がお出迎え。(2019年10月追加情報)この熊の毛皮、心ない旅行者が爪の部分を切り落として持ち去った為、現在、展示はされておりません。
三室番屋
三室番屋

下の写真は2019年10月のもの。残念ながら毛皮を見ることはできません。

薪ストーブ(薪は常備されています)の炎は落ち着きますね。
冬は本当に助かります…
三室番屋
炭と網を持参し、焼肉を楽しむのもオツですな!


三室番屋
三室番屋
台所
三室番屋
こういう建物のトイレはえてして煉獄のようですが、三室番屋のトイレは床に寝袋敷いて眠れそうなほど清潔!
ウォシュレットタイプのトイレはちゃーんと使えます。
三室番屋
宿泊した翌朝、カヌーを目の前のコムケ湖に出して、しばし秋の湖を堪能しました。

For English.
↓↓↓

Mimuro Ban-ya(Fishermen’s hut) (Mombetsu City)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA